15.勝つとチームになる

パラシュート部隊は決死の切り込み隊だ。敵だらけの地にどの部隊よりも先にその身ひとつで降り立つ。アフガニスタン戦争開戦時に英国陸軍パラシュート部隊を指揮したアレックス・マッケンジーは言う。「勝って戦友になる。戦友になってから勝つことは無い。」

 

岩本仁は言う。「低い目標を達成してもチームにはならない。高い目標に向かって全員で困難を乗り越えるからチームになる。成功体験の蓄積が信頼を生み、チームを作るのだ。」 

 

仲良しとチームは違う。(マッキニーロジャーズ 清水 泉)

 

アレックス・マッケンジー 元英国陸軍将校。アフガニスタン戦争でパラシュート部隊指揮官を務めた。地雷で足を失った兵士たちによるカヌーでの大西洋横断Row2Recovery 代表。

 

ニュース/最新情報

2020.6.27

2020.6.24

new! ダイヤモンド・オンラインにて、岩本のインタビュー記事『英海兵隊式リーダーシップが企業の「対コロナ最終兵器」である理由』 が掲載されました。

2020.6.20

2020.6.14

2020.6.6

2020.5.30

2020.5.23

2020.5.16

2020.5.10

2020.4.25

2020.4.20

2020.4.13

2020.4.3

2020.3.22

2020.3.13

日経Biz Gateにて、岩本の記事 「新型コロナは対テロ戦 リーダーシップは多国籍軍流で 」 が掲載されました。

2020.2.28

2020.2.14

2020.1.31

2020.1.17

2020.1.5